Loading

音楽プロジェクト

世界で愛される日本の楽曲やミュージシャンを創出

日本の音楽は古来、「調べ」と言われ、人間の力と自然の力を合わせて神様へ届ける、神様への捧げものという存在から始まりました。その後、連綿とつなげられてきた音楽は、近世、海外音楽の影響を受け現在に至りますが、2018年現在、海外で広く知れ渡る曲はアニメのテーマ曲を除けば、1960年代の「上を向いて歩こう。」を最後に輩出されておりません。
これは日本の芸能界やミュージシャンが内向き志向の傾向がみられ、まずは日本国内での成功を目標に音楽活動をしていることや英語力不足が大きな要因で、この点では韓国にも後塵をはいしております。
またミュージシャンたちはリスナーの嗜好分析をせず、やや一人よがりな音楽活動を展開している人が多いのも実情です。

カミーズポップの音楽プロジェクトでは世界を“WaKu Waku”させ、広く愛される楽曲やミュージシャンを創ることが目的です。
日本のミュージシャンの質は高く、世界に照準を合わせて、最新のビジネス手法を音楽に導入していけば、日本から必ず世界を惹きこむ曲やミュージシャンを創出することができると考えています。

具体的にはcamyspopの誇るハウスバンド、天才キーボーダーのHARUさんを中心に構成されるHARUちゃんずが中心的な役割を担い、ツアー会社、ライブハウスと連携して京都のライブハウスに外国人ツアー客を誘引し、洋楽スタンダードとともに日本の名曲、自分達のオリジナルを演奏して、世界に通用する楽曲の制作を進めてゆきます。さらにここでは自分達でカミーズの着物を着て演奏すると共に、外国人の希望者には着物を着てライブを楽しんで頂き、希望者には日本での滞在中の着物レンタルや購入を促してゆきます。
世界にうって出る事を目指すミュージシャンとはLEARNINGをシェア仕合い、連携して日本人にしかできない音楽を世界に拡大させてゆきます。

PAGE TOP